カメラを設置する

防犯カメラ

メリットを考えよう

現在の日本の治安は世界的に見ても非常に安定しており、また国内犯罪件数も年々減少傾向を見せています。だからと言って自身が犯罪に巻き込まれないという保証はありませんし、防犯対策を疎かにしていいという理由にもなりません。防犯対策として有名なのが監視カメラの設置ですが、それには大きなメリットがあります。監視カメラの最大の利点は客観的な証拠を映像として残す事ができる点です。空き巣や窃盗は勿論ですが、違法駐車や不法投棄、訪問販売を装った悪徳商法にも絶大な効果を発揮します。仮に犯罪の被害に遭ったとしても証拠映像を確保しておく事によって、犯人を素早く検挙できたり、面倒なトラブルを事前に回避したりする事ができます。昨今話題のドライブレコーダーも実質的な監視カメラと言えます。その効果の高さは報道されている通りです。監視カメラの設置には犯罪行為を思いとどまらせる心理的抑止効果も期待できます。警察官の前で犯罪を行う人間はいないのと同じで、監視カメラが設置された場所でわざわざ犯罪を行う人間はいません。また昨今は監視カメラの性能そのものが向上し、より大きな効果を期待できる点も魅力となっています。監視カメラを設置する際には死角がないように気を付ける事が大切ですが、監視カメラに大きなコストをかけられない場合は、本物の中にダミーを混ぜる方法が有効です。外側から見れば、どれが偽物のカメラか分からないので、抑止効果としてはダミーであっても十分な威力を発揮します。

Copyright© 2018 一般家庭に普及されつつある監視カメラ【魅力をリサーチ】 All Rights Reserved.