脇の脱毛は家庭用でケアする~ラクチンムダ毛カット~

Clean skin

安心して使用できる

脱毛の仕組みについて知っておこう

顔を覆う女性

家庭用脱毛器は機器から出る光をムダ毛に照射する事によって脱毛する事が出来ます。ただ、どうして光を当てるだけで照射できるのか、そんな光が肌に当たっても問題が無いのか、など色々と気になる事もあります。そこで家庭用脱毛器で脱毛できる仕組みについて簡単に説明します。 光は波長によって性質が異なりますが、その性質の違いを利用して特定の物質に対してだけ働きかけて、その周囲の物質には何も反応しないようにする事も出来ます。それを利用して脱毛するのです。家庭用脱毛器で用いている光は体毛に含まれている色素に反応するように調整されており、光を色素に照射すると熱で脱毛する事が出来るのです。 紫外線とは異なる光を用いているために、光を肌に照射したからといってシミなどの原因になるという心配もないです。

ホクロがあっても脱毛は出来ます

家庭用脱毛器を用いる時には、フラッシュ脱毛の仕組みのために日焼けした肌やホクロがある部分に光を照射してはいけないです。それらの部分に光を照射すると反応して熱を発生させて火傷してしまうからです。 ただ、日焼けに関しては脱毛するのは難しくても、ホクロに関してはホクロの部分を隠してしまえば脱毛する事自体は可能となります。どうやるのかというと、特に難しい事ではなく、単純にホクロに光が当たらないように白いテープなどでホクロを覆ってしまうだけで良いのです。直接ホクロに生えている毛は脱毛する事は出来ませんが、脱毛したい部分の周囲にホクロがあって邪魔であるという場合はこの方法が有効です。ホクロがあって出来ない部分があったという人は試してみると良いです。